スポンサードリンク

モデルハウス訪問【へーベルハウス編】

おはようございます!
セイラです。

わたしたちは住友林業でおうちを建てたのですが、実を言うと最初は選択肢にも入っていなかったんです。(^^;

紆余曲折ありまして、最終的に住友林業になったのですが、住友林業にたどり着くまでに、色々とハウスメーカーを回ったので、その時のお話を、プチシリーズで回想したいと思います。


今回は最初に行った、ヘーベルハウスさんのお話です。

ハウスメーカーの中で、最初にヘーベルハウスに行くことにしたのは、旦那が「最近、ヘーベルを建てているところを半場じゃないほどよく見る。 何か人気の秘密があるはず!」と言っていたのが発端で、「それなら行ってみる?」となり、近くの住宅展示場に行くことにしました。

わたしたちが訪問したへーベルのモデルハウスは、3階建ての2世帯用で、単世帯で住む予定のわたしたちには大きすぎてマッチしない建物でしたが、とりあえず一番近くにあったので訪問した次第です。

対応いただいた営業の方は、若くてイケメンで、そのうえ物腰柔らかく、話し方もソフトな感じの営業さんでした。
旦那に聞いても、子供に聞いても圧倒的な支持で、営業さんだけで言ったら一番の方でした。

初回の訪問は、建物の特徴や構造等について、丁寧にご説明いただき、次回の約束をして帰りました。
(毎回なのですが、帰りの際に旭化成製品のサランラップを頂き、重宝させていただいております。)


2回目の訪問は主に、ライフプランナーによるライフプラン設計をしていただきました。
はじめてライフプランの説明を受けて、おうちの購入にかけれる大体の金額の目安がつき、とても参考になりました。


3回目の訪問は、実際の建築現場やお住まいになられている方の、おうち見学に連れて行っていただきました。

建築現場では、普段見られない躯体部分を見せていただき、おうち見学では2軒のお宅にお邪魔させていただきました。

1軒目のお宅は、築年数の経ったお宅で、築年数のわりにあまり劣化が感じられず、特に印象に残ったのが床の軋みが一切ないことに驚きました。

2軒目のお宅は、新築間もない2世帯のお宅で、おしゃれな和室と子供たちが遊べる大きなウッドデッキが印象的なお宅でした。


都合、3回ほど通わせていただき、大変お世話になりましたが、わたしたちの結論として、「四角いフォルムに少し抵抗がある」、「通常の屋根でないので、将来の屋上防水が心配」、「間取りの制約が多い」等々で不採択となりました。

スポンサードリンク



関連記事

モデルハウスへーベルハウス

Comment

Add your comment