契約前の打ち合わせ【第4回】《大日程と分割・分筆について》

おはようございます!
セイラです。

今日は第4回目の打ち合わせのお話です。

今回は、契約後から建物引き渡しまでの大まかなスケジュールについて、説明いただきました。
出席者は営業さんと、設計担当さんです。

イベントごとに、この辺で確認申請、この辺で住宅ローン申請、この辺で本体着工、この辺で引き渡しと、スケジュールの認識合わせをしました。

その他には、土地の分割についての説明がありました。

旦那の実家の敷地内に建てるため、「分割ライン」を設定する必要があるとのことでしたが、「分筆」は聞いたことがあったのですが、「分割」はわたしも旦那も初耳でした。

土地の分割は、建築基準法を満たすように土地を分割し、分割したそれぞれの土地が建築基準法に適合すれば、新築ができるとのことで、その際に、登記の変更を要しないとのことでした。

適合要件としては、
・各々の土地で巾4m以上の道路に2m以上接道していること。
・建ぺい率や容積率が、各々の建物が建築基準に適合していること。
 

一方、土地の分筆は、登記簿上において2つの土地に分けることです。

わたしたちは住宅ローンを組む予定があったので、「分割ライン」を意識しつつ、「最適な分筆」についても考える必要があることが分かりました。

こういう難しい話は、何でも旦那に任せちゃうセイラでした。

スポンサードリンク

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)