スポンサードリンク

契約前の打ち合わせ《住友林業のお申込み制度について》

おはようございます!
セイラです。

今日は、昨日のブログで触れました住友林業の「お申込み制度」について書いていきたいと思います。

「お申込み制度」では、費用として5万円以上の申込み金が必要で、入金後、営業、設計、インテリア、外構等の各分野の担当による専任チームが組まれて、家づくりのプランをサポートしていただけます。

その後、敷地調査がスタートし、最終的に契約となった場合は、契約金の一部に割り当てられ、契約にいたらなかった場合は、返金されません。

【申込みから契約までの流れ】
moushikomi_image001_UP.jpg  

【申込みにより受けられる主なサービス】
◆敷地・地盤調査
◆プラン提案
◆資金計画・見積もり
◆すまいまるごとトータルコーディネート

【敷地調査の主な項目】
境界確認
法(のり)面、擁壁(ようへき)のチェック
用途地域によるチェック
防火に関するチェック
建ぺい率のチェック
容積率のチェック
建物の高さのチェック
建築協定と壁面後退
北側斜線のチェック
道路に関するチェック
道路斜線のチェック
既存物の状況および解体工事計画


【地盤調査の主な項目】
地耐力のチェック
基礎補強のチェック
土層の構成をチェック


申込みから契約までの流れを見て、今更ながら気付いたのですが、我が家の場合、「外構計画」と「インテリア計画」がありませんでした。

なぜなんでしょう?
決算まであまり期間がなかったので、契約を急ぐ営業さんにすっ飛ばされたのでしょうか?

インテリアの担当さんを紹介されたのって、半年以上も先でしたよ!

スポンサードリンク



関連記事

住友林業お申込み制度

Comment

Add your comment