スポンサードリンク

住友林業のアフターサービス(保証システム編)

今日は、住友林業のアフターサービスについてお話ししますね!

住友林業のアフターサービスは、5つあります。

1つ目は、60年メンテナンスプログラム&30年保証システムです。
2つ目は、住友林業コールセンターです。
3つ目は、メンテナンスサポートです。
4つ目は、資金計画サポートです。
5つ目は、リフォーム、植栽、外構です。

その中で今日は、1つ目の「60年メンテナンスプログラム&30年保証システム」についてお話しします。

この内容、以前の記事と被る部分もありますがご容赦ください。m(_ _)m



わたしの家は、長期優良住宅に認定されています。

1年点検の時に60年間の点検時期やメンテナンスの目安が書いてある「維持保全計画書」を渡されました。

計画書によると、入居後に無料の定期点検が8回あり、点検は次の期間で行われます。

3ヶ月点検、1年点検、2年、5年、10年目、15年目、20年目、25年目と続きます。



その後は、有償点検で30年目、40年目、50年目、60年目です。

防蟻処理は、10年ごとに行い、30年目と60年目に、外周りの雨水の侵入を防止する部分の改修工事があります。

バルコニーに関しては、15年目と45年目に補修があります。



長期優良住宅の認定を受けた住宅は、「維持保全計画書」に基づくメンテナンス工事を住友林業で実施した場合、当初10年以降は5年ごとに延長、最長で30年間の保証があります。

メンテナンスシステムが充実しているのは安心ですが、30年目までの維持保全の毎月の積立予定額を聞いて、かなりの額だったので、ビックリしてしまいました!

いまからコツコツと積み立てておくことにします。



スポンサードリンク



関連記事

住友林業アフターサービス保証システム

Comment

Add your comment