固定表示スペース

お知らせなどをブログのトップページに表示できます。
以下、サンプルの文章です。当テンプレート使用時に削除可能です

当テンプレートは、検索エンジンのみならず、長文を書く人と読む人の両方にも最適化して設計されています。クラスの付け替えでかんたんにカスタムできます。左に表示されている指マークなどの装飾も利用できます。

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられることはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。下のボタンは機能のほんの一例です。

サンプルエフェクト用JavaScriptを読み込んでいると、ここにお試しボタンが生成されます。ブラウザで閲覧している時に反映されるのであって、HTML編集時には変化ありません。

設計の打ち合わせ【第18回】《仕様確認シートの作成について》

第18回目の設計の打ち合わせは、前回の続きで、着工合意前の各仕様の最終確認をしました。

設計士さんが、複写式になっている「仕様確認シート」に、色や種類等の決定事項を確認しながら、6枚にもおよぶシートに順番に記載していきました。

仕様確認シート:色柄や品番等が表形式にまとめられている複写式のシートです。
内装1-1
内装1-2
内装2-1
外装
設備1-1
設備2


項目がいっぱいありすぎて、前回までに決めたはずのものも、「これってどれに決めたんだっけ?」と、わたしも旦那も覚えていないもののあったのですが、設計士さんにまた聞き直ししたりして、なんとか作成が完了しました。

変更箇所は、和室の照明をダウンライトからシーリングライトに変えたくらいで、後は特に変更はありませんでした。

あと、インテリアについては、費用削減のため、シーリングライトを自分で手配することにして、次回締結予定の着工合意書を作成してもらうことにしました。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

設計の打ち合わせ【第17回】《2階の床色の変更で変わる雰囲気について》

第17回目の設計の打ち合わせは、着工合意前の各仕様の最終確認をしました。

いっぱい決めることがあったので、以下メモ形式で紹介します。


【和室】
畳:ヘリなし半畳に変更(色:美草イエロー)
板の間床:なぐり調(色:オークアンティーク)
板の間壁:アクセントクロス

【キッチン】
カップボード色変更:ダークグロッシー → ホワイトグロッシー
シンク色変更:ライムグリーン → ホワイト

【2階】
床色変更:ウォールナットナチュラル → メイプル
2階トイレ床:セルベジャンテ → メイプル

【建具】
1F:HIS(色:ウォールナットナチュラル)
2F:HKS(色:ホワイト)

【エコカラット】
キッチン(一部):アレス
ダイニング(一部):ルドラ
寝室(一面):アレス


ざっとこんな感じに決めました。(*^^*)

この中で一番大きな変更点は、なんといっても2階の床色の変更です!

当初は、こども部屋のみメイプルにしていましたが、ここで2階全体の床ををウォールナットナチュラルからメイプルクリアに変更しました。

変更した経緯は、モダンな和室のイメージづくりのため、モデルハウスを回っていたのですが、その際に、1Fがウォールナットで2Fがメイプルのモデルハウスに遭遇し、1階と2階のイメージがガラリと変わる雰囲気が、わたしも旦那も気に入り、我が家も「このパターンにしよう!」ということで、床色の変更に至りました。

また、2階の扉の色は床色の変更に合わせ、扉の色をホワイトにしました。

1階のシックで落ち着きのある空間から、2階に上がると明るい快活な空間へと変わり、1つのお家で、2つの雰囲気が味わえるので、このパターンはかなり気に入っています。 p(^0^)q


あと、エコカラットの種類については、今回はとりあえず決めた感じで、まだ迷っているところです。

エコカラットプラスは通常版より性能が良いのですが、気に入った柄がなくて、今回はとりあえず「アレス」にしました。

柄的には断然「ルドラ」がお気に入りでしたので、もう少し悩みながら考えていきます。φ(ー"ー )
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

設計の打ち合わせ【第16回】《第一回覚書締結について》

第16回目の設計の打ち合わせは、メインとして住宅ローンの本審査用の覚書締結と、あとは細かいところの調整を行いました。

まずはメインの覚書ですが、当初契約後の変更箇所や追加要望、インテリアを加えた差額の金額で覚書を締結しました。

気になる差額金額は、約430万円の増額!(\_\)

差額の大まかな内訳は、提案工事が約300万円でインテリアが約130万円でした。

当初の契約の時は、予算を意識して、気を付けて打ち合わせを進めようと思っていましたが、やはりだんだんと金銭感覚がマヒしていたようで、見事なまでの差分の増額となりました。

細かい内訳書を見ると、正式にオーダーしていない、浴室乾燥機(約5万円)やうるおい浴+(約22万円)が追加されてもいましたので、次回の着工合意までに、インテリアを含めて、旦那と相談して費用圧縮のための精査をすることとしました。


次に、設計の打ち合わせの細かい調整は、次のとおりとなりました。

【ドアのレバーハンドル】
木製と金属製から選択 → 金属製を選択

【和室】
カタログからデザイン障子を選択

【玄関】
スリッパラックを設置


費用削減を志すも、早速増額項目が出てきてしまいました。(´ヘ`;)ハァ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)